ホーム > 福光屋の酒 > えじゃのんおんぼらぁと

えじゃのんおんぼらぁと

ごゆっくりと

使用米は、酒米の最高峰「山田錦」のみ。日本酒醸造のノウハウと独自の蒸留技術により生まれる本格米焼酎「えじゃのん おんぼらぁと」には、心地よい吟醸香が漂い、また1990年より仕次熟成させていることで味わいは深く濃くまろやかなものになっています。

仕次熟成

熟成中の焼酎に新たに仕込んだ焼酎を足していく熟成法、「仕次熟成」を採用。沖縄の古酒や、シェリーの「ソレラシステム」がこの熟成方法に当たります。この熟成法により、年ごとに味わいが変わることなく、まろやかで品質の安定した熟成焼酎が出来上がります。

ネーミングの由来

仕次熟成により元々の焼酎の年代が分からない、つまり「age unknown(エージ・アンノウン)」であることから、親しみを込めて「えじゃのん」と名づけました。また、「おんぼらぁと」は金沢の方言で「ごゆっくりと」を意味します。ゆっくりと長い年月を経て熟成された焼酎の味わいを、ゆっくりと楽しんでほしいという思いが込められています。