ホーム > 福光屋の酒 > 瑞秀

瑞秀

杜氏の吟醸造りの技を究めた「作品」

酒米の最高峰「山田錦」の中でも特に選りすぐったものだけを使用し、「中汲み囲い」とよばれる、搾りの際に最も旨い部分だけを取り分け、さらに低温でじっくりと熟成する福光屋独自の方法により、大吟醸の頂点を極めました。 杜氏の吟醸造りの技を究めた「作品」といえます。

「瑞穂」の由来

「瑞」(=旧みづ)は、生物特に植物の、聖なる生命力に満ちた新鮮なさまをいい、「秀」(ほ)は、他から抜きん出て目に立つものを表わします。稲穂の穂も秀から出ています。そして、同時に米の国、酒の国を賛える日本の古称、豊葦原瑞穂国(とよあしはらみずほのくに)のおもかげを重ねたことばを、福光屋大吟醸の最高峰のブランド名にしました。

ヴィンテージをもつブランド

酒造年度それぞれの個性は、しっかりとした管理のもとであれば、瓶貯蔵によってさらに磨きがかかります。福光屋では、毎年「ヴィンテージ委員会」を開催し、熟成具合や品質を見極め、酒の価値に相応しい価格を決定し、数量限定で蔵出ししています。
瑞秀